日光化成株式会社
English Chinese korean
>>サイトマップ  >>お問合せ >>HOME
樹脂材料 建築材料 ニュービジネス R&D 日光化成の取り組み 会社概要 採用情報
 
会社概要

会社概要営業所のご案内▽沿革

企業沿革
 当社は、1947年12月8日、株式会社晄商会として発足し、1955年まで化学材料・機械器具類の販売商事会社として営業をおこなってまいりました。その後、フェノール樹脂を主とする熱硬化性樹脂積層品・電気絶縁用硬質セメント板の製造を企画し、大仁工場(現大阪東工場)及び浦江工場(現大阪西工場)を建設、生産活動を開始しました。1956年4月には商号を日光化成株式会社と改称し、新たに熱可塑性樹脂射出成形品と不燃建築材料の部門を設置。1966年4月、懸案の滋賀工場(現滋賀事業所)が完成、不燃建築材料工場としてスタートしました。ついで、1970年に熱硬化性樹脂積層板工場、1973年には建築材料加工工場を滋賀工場(現滋賀事業所)内に完成させました。また、近年においても、最新鋭の塗装ラインの増設及び各部門の設備増設と再編成を行ってまいりました。1970年には可動間仕切部門を設置し、新しいオフィス空間の創造にチャレンジしております。大阪工場においても、1975年から熱可塑性樹脂射出成形機の生産ロボットの導入増設・更新等により自動化・省人化・合理化等の設備投資を行ってまいりました。
1989年には、滋賀事業所内に、技術研究所を建設し、新素材の研究・新商品の開発に努めております。1992年に本社社屋を、更に、1998年には創立50周年記念事業の一環として本社敷地内に複合棟(工場・福利厚生棟)を新築し、業務のより一層の拡充をはかりました。
2000年には、全工場でISO9002の認定を取得し、品質保証を高めるとともに、「エコロジー」「リサイクル」「環境共生」をテーマとした新商品の開発に努め、技術研究部門を拡張し、新技術研究所を建設しました。 また、2003年の10月に利倉一晴が代表取締役会長に、利倉一彰が代表取締役社長にそれぞれ就任しました。

年表
◇1947〜2006◇
 
1947 初代社長 利倉駒二郎が、大阪市大淀区大仁東2丁目8番地を本社に『株式会社晄商会』を創立。
1955 本社を、大阪市大淀区大仁西2丁目1番地に移転。
1956
商号を『日光化成株式会社』と改称。
代表取締役に利倉一晴就任。
1957 熱硬化性樹脂積層板の総合商標 「ニコライト」を登録。
1958 可塑性樹脂射出成形工場を新設。
1959 東京連絡所を開設。
1961 本社ビル(現 本社別館)を建設。
1962 名古屋営業所を開設。
1964 資本金5,000万円に増資。
1966 石綿スレート平板製造専門工場の建設第一期工事が完了し、滋賀工場として操業を開始。
1968 本社に電子計算機を導入。
1970
資本金1億円に増資。
日本経営管理協会より、関西地区ZD優秀企業盃を授賞。
1971 医療用具製造業の許可取得。
1972 広島営業所を開設。
1973 緑化及びパネル事業部門として、グリーンサイエンス株式会社を設立。
  ダンキンドーナツ池田店を出店。
1974 福岡営業所を開設。
1976 滋賀工場樹脂積層部門に排ガス脱臭装置を設置し、環境対策を行う。
1978 日立出張所を開設。
1979 滋賀出張所を開設。
1980 支店・営業所にコンピューターを導入し、全社オンラインシステムを構築・実施。
1984 金型断熱板「ロスナボード」の生産・販売を開始。
1989
滋賀に技術研究所を建設し、新素材の研究・新製品の開発の充実を図る。
  超耐熱成形材料「タイモルド」の生産・販売を開始。
1992 本社社屋を新築。
1994 断熱ボード「ベスサーモU」の生産・販売を開始。
1997
仙台営業所を開設。
建材部門に脱臭装置を設置し、環境対策の充実を行う。
1998
大阪工場を全面改修。
本社敷地内に福利厚生棟を新築。
1999

利倉一晴社長 春の藍綬褒章受章。
滋賀化成品工場 IS09002の認証を取得。
IPF(国際プラスチックフェア)に出展。
2000
大阪工場、滋賀建材工場 IS09002の認証を取得。
断熱板「サーモバリア」の生産・販売を開始。
2001
緑化環境パネル「グリーンスクェア」の生産・販売を開始。
樹脂積層板「ニコライト」へ、ノンハロゲン系の製品を追加。
2002 商品開発センター新設。
2003 利倉一晴が代表取締役会長に、利倉一彰が代表取締役社長に就任。
2004 CIを一新。(新生日光化成について→
2006 デザイン建材ショールームを開設。
厚木テクニカルセンターを開設。
     
[1956]

<旧浦江工場>
[1958]

<初期プレス>


[1961]

<旧本社ビル>
(現別館)

[1983]

<産業ロボット導入>

[1998]

<大阪工場>


ページトップ↑



Copyright(C) 2006 NIKKO KASEI CO., LTD. All Right Reserved.